オニツカタイガーの実力


創業者、鬼塚喜八郎は東京五輪で裸足のアベベに、彼に合ったシューズを提供し、圧倒的な強さで優勝させたことから、同社製品の質の良さが知られるようになった。

主に競技用シューズやスニーカーやアスレチックウェアなどを製造、販売する。スポーツシューズに強みを持ち、とりわけマラソン競技、バレーボールなどでは高いブランド力を持つ。海外にも進出しているが、国外ではさほど知名度が高いわけではない。しかし、オニツカタイガーのブランドは認知度が高く、特にヨーロッパでは人気が集中している。また、一般用のスニーカーも製造しており、フィット感が高く履きやすさに定評がある。

初期のナイキ(コルテッツ等)には Made in Japan製があるが、それらは、オニツカタイガーが製造したものである。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。